【改名】ストックドッグ

金融系の会社で働くSEが株やPython、その他諸々について書いています。システムトレードもやってるよ!

取引をはじめてから証拠金あれこれ

必要な証拠金は取引がはじまってから変わる

簡単おさらいから始めると...

500000 * 2 BTC = 1000000
(50万円 * 2 BTC = 100万円)

この時に、レバレッジ5倍だと必要証拠金は...

1000000 * 20% = 200000


必要証拠金は20万円必要です、というのは前に学習しました。

必要証拠金以上に預入証拠金が入っていれば取引は始めることができます。


○ 預入証拠金20万円以上(取引はじめれる!)

× 預入証拠金20万円以下(取引はじめれない!)


じゃあ、ここで取引を始めたとしよう。

50万円分のビットコインを2BTC買って、預入証拠金は20万円。

必要証拠金は20万円なので、スレスレセーフ。

取引スタート

次の日 ビットコイン価格が下落して、40万円に!


この時一体どうなるのか。


bitFlyer取引所は、20万円の預入証拠金を元に取引を許可しました。

がしかし、50万円 → 40万円。


ここからbitFlyer取引所の気持ちを考えると...

10万円も損失だしているとなると、預入証拠金の半分と同じ額の損失を出していることになる!

貸しているのは50万円なので、全額ちゃんと返してくれるか心配。

もうちょっと、お金預け入れるようにトレーダーに頼むか。


こんな感じで、追加で証拠金を出して〜というお願いがbitFlyerから来ます。

そう、必要な証拠金は変わってしまう、というのがここで言いたいことです。

必要証拠金というのは、取引を開始する際に必要な額、を表しています。

取引を継続するために必要な証拠金の額も設定されており、それを評価証拠金と言います。

評価証拠金をもう少し詳しく見てみる

必要証拠金とは、取引を始める際に必要な額、と先ほど言いました。(大切なので2回)

取引を継続するために必要な証拠金も設定されており、これが評価証拠金(こちらも2回)


なぜ、評価証拠金が必要かというと、bitFlyer取引所はトレーダーにお金(ビットコイン)を貸しています。

貸した分はしっかりと返してもらう必要があります。

トレーダーが利益を出している場合は、bitFlyer取引所が貸している時よりお金を持っているので、特別心配しなくても返してくれます。

逆に、トレーダーが損失を出している場合は、bitFlyer取引所が貸している時よりお金が減っているので、全額返してくれるか心配になります。


そのため、bitFlyer取引所は取引を続けたいなら、預入証拠金を増やしてね、という連絡をします。

そこで、預入証拠金を増やしてくれれば、取引は継続させてもらえます。

がしかし、そこで預入証拠金が足りていないにも関わらず、入金がなければ強制的に決済、という強行手段をbitFlyer取引所はとります。


評価証拠金 = 取引を続けるための証拠金


こういう理解です。


ここでは、評価証拠金という概念もあるんだよーぐらいで終わりにします。

次回は、評価証拠金の計算方法について解説しならが、ロスカット追証って何ということを最終的に学習していきます。

システムトレードやろうよ 〜目次〜

www.stockdog.work