【改名】ストックドッグ

金融系の会社で働くSEが株やPython、その他諸々について書いています。システムトレードもやってるよ!

公開されているAPIを見てみよう

bitflyerに用意されている4つのAPI

https://bitflyer.jp/api?top_link&list_banner

bitFlyer Lightning

bitFlyerが公開しているAPI

これ使います。

このAPIを通して、トレードを行うことができます。

新規注文や注文のキャンセル、約定の一覧の取得などなど、トレードに必要なことは一通り揃っているので最高です。

bitFlyer Lightning API Playground

APIを実際に使用することができます。

本番環境であることに注意!!

コードを書いたのに実際にAPIのレスポンスの値が思ってたものと違う時など、たまに使ったりします。

遊び場ですね〜

chainFlyer API

ブロックチェーンAPI

これは使いません。

Echo

送金の仕組みを提供するAPI

これは使いません。

主に使うのは、bitFlyer Lightning

どんなAPIが提供されているのか、っていうぐらいは把握しておきましょう。

システムトレードやろうよ 〜目次〜

www.stockdog.work