ストックドッグ

金融系の会社で働くSEが株やPython、その他諸々について書いています。サービスも運営してます→http://fmbrain.work

サーバーを移行してIPアドレスが変わった時のお名前.comの設定

サーバーのIPアドレスドメイン名は、DNSレコードで紐づけて管理されている。

私の場合であれば...

ドメイン IPアドレス
fmbrain.work 150.95.153.147


サーバーを変更すると、IPアドレスが変わる。

ドメイン IPアドレス
fmbrain.work ???.???.???.???


変更後のIPアドレスをお名前.comで変える設定をする必要がある。

DNSレコードとは

ドメインIPアドレスを管理するレコードのこと。

DNSレコードはTYPEで分かれていて、それぞれ管理するものが異なっている。

TYPE:A

IPアドレスドメインを直接紐づけて管理するレコード。

IPアドレスが150.95.153.148のサーバーのドメイン名は、hogehoge.comである、という風にIPアドレスドメイン名を紐づけて管理している。

TYPE:CNAME

あるドメイン名とあるドメイン名は、同じIPアドレスである、ということを管理している。

例えば、amazon.comIPアドレスが176.32.103.205であるとする。

Amazonは、amazon.com以外にもドメイン名を取得していて、例えば、awake.comというドメイン名も取得している。

awake.comとamazon.comは、同じIPアドレスを参照する、ということをTYPE:CNAMEにて管理することができる。

他にもwww.amazon.jpとamazon.jpというようにwwwを同じIPアドレスに向けるということもCNAMEで管理する。

TYPE:NS

DNSサーバーを管理する。

IPアドレスドメイン名の変換を行うのは、DNSサーバーなため、DNSサーバーのドメイン名を書いておく。

そうすることで、以下の流れで名前解決が行われ、ドメイン名をうつだけでサイトにアクセスできる。

1. 誰かがブラウザからfmbrain.workが検索する
2. DNSサーバーにfmbrain.workの名前解決が行われる
3. fmbrain.workのIPアドレスを返される
4. 返ってきたIPアドレスにアクセス

TTL

DNSレコードを設定するときに、必須記入事項です。

DNSレコードのTYPEとは、関係ないがおまけ。

TTLは、Time To Liveの略でDNSサーバーのキャッシュの保存期間。

変える設定

サーバー移行して、IPアドレスが変わった場合は、極論、DNSレコードのTYPE:Aのドメイン名とIPアドレスの紐づけを変更するのみ。

ドメイン IPアドレス
fmbrain.work ???.???.???.??? ← 新しいIPアドレス

お名前.comのDNSレコード設定から、変更可能。

まとめ

特になし。

以上、終わり。