【改名】ストックドッグ

金融系Slerで働くSEが株やPython、その他諸々について書いています。システムトレードもやってるよ!

herokuのタイムゾーンを変更したらAPSchedulerが動いた話

APSchedulerがピクリともしない問題発生

APSchedulerをcron式タイムスケジュールで0:20に命令を実行したいのですが、なぜか0:20になってもピクリともしませんでした。

from apscheduler.schedulers.blocking import BlockingScheduler

sched = BlockingScheduler()

#0:20
@sched.scheduled_job('cron', hour=0, minute=20)
def scheduled_job():
    print('This job is run every weekday at 0:20.')

sched.start()

時間設定の仕方はhour=0、minute=20で0:20を指すはずだが...

APChedulerをcron形式で動かすドキュメントを読んだので、きっと間違いはないはず。

apscheduler.triggers.cron — APScheduler 3.3.1.post4 documentation

だが、動かぬ。

タイムゾーンを変更していなかった

herokuのログを見るたびにいつも時間がずれてるなぁ、これどこの時間なんや、と思いつつ放置していたのですが、それが原因でした。

タイムゾーンUTCでした。

ということで。

herokuのタイムゾーンJSTに変更

まず、herokuの現在のタイムゾーンを念の為確認。

#heroku上でbashを起動してから。
heroku run bash

#タイムゾーンを確認
date

UTCだったので、タイムゾーンJSTに変更。

heroku config:add TZ=Asia/Tokyo

TZ=Asia/Tokyoという環境変数を追加して、設定を変更。

無事解決しました

最近は株価の分析には時間が割けてなくて、heroku上でシステムを動かすことにばかり時間を費やしています。

あまり楽しくはありませんが、これから自分一人でシステムを作っていこうと思うと避けて通れない道だと思っています。

なので、焦らず地道にドキュメントを読みながら作業を進めています。

Copyright ©株も歩けば犬に当たる All rights reserved.