【改名】ストックドッグ

金融系の会社で働くSEが株やPython、その他諸々について書いています。システムトレードもやってるよ!

bitFlyer Lightningで可能な4つの取引

bitFlyer Lightningで可能な4つの取引

bitFlyer Lightningで可能な取引です。

実際は、他の暗号通貨も取引可能(イーサリアム・ビットコインキャッシュなど)だが、今回は使わないです。

BTC 現物/JPY

現在持っている資金で、ビットコインを買うことができます。

一番、想像しやすい形。

BTC FX/JPY

ある程度の担保を入れて、ビットコインをbitFlyerから借りて取引を行うことができます。

ある程度の担保というのは、預入証拠金のこと。

そのため、預入証拠金を入れなければ取引は行うことはできません。


ビットコインをbitFlyerから借りて取引を行うため、自分の持っているビットコイン以上の取引が可能となります。

これがレバレッジをかける、というもの。

ちなみに、デフォルトでは預入証拠金の5倍まで取引が可能です。


もっと、ちなみに今なら手数料が無料(2017/09/17)

BTC 先物/JPY

将来のビットコインを買う権利を売買するという取引方法です。

例えば、1ヶ月後のビットコインを50万円で買う権利を買う。

この50万円で買う権利を持っていると、1ヶ月後にビットコインが何万円になっていようと50万円で買うことができる。

という、ただの先物の説明でした。

ちなみに今なら手数料が無料(2017/09/17)


以上、bitFlyer Lightningでした。

次回は、bitFlyer取引所とbitFlyer Lightningの違いについてふれていきたいと思います。

システムトレードやろうよ 〜目次〜

www.stockdog.work